クラブ休業日数と会費取り扱い

(Q)
店舗リニューアル工事のため2週間休館する旨を告知したところ、会費の減額・返金のお声をいただいている。 期間中は当社他店舗を利用可としたが、もともと全クラブを利用できる会員種があることも
意見をいただいた要因と考えられる。他社での対応事例などお教えいただきたい。

(A)
A社:リニューアルの休業等を行う際、基本的には通える近隣店舗を振り替えて利用いただくようにしている。 従って、会費の返金は特に行っていません。 年末年始などでイレギュラーに休館となる場合も同様です。

B社: ①数日間の休みの場合。振替え可能な場合は休館日に振替え、会費請求の変更はしない。
②2週間程度又はそれ以上の場合。半月分または日数に応じて月会費を減額します。
①②とも近隣に当社直営店がある場合、利用料を「無料または若干」で利用可能にする場合がある。

C社:会員規約では、同月内で定休日を除いて連続7日を超える場合は月会費等の全部または一部を返還する、となっている。

記事を最後まで読むためには、会員ログインが必要です。

会員ログイン

※ 新規登録はFIA会員企業・団体所属の方に限ります。
※ 会員企業・団体所属の方は企業管理者様へお問合せもしくは、「新規入会登録はコチラ」をクリック。
※ ご自身の所属されている企業・団体が、FIAへ加盟しているか確認されたい方は
「正会員はコチラ」「賛助会員はコチラ」で検索いただけます。