【The Pulse】エクササイズは小児癌の生存者にとって非常に有効(2013/7/1)

IHRSAのアジア版ニュースレター「The Pulse」研究記事の紹介です。

幼少期に癌を患った生存者は、青年期において低骨密度や肥満、循環器系疾患、QOL低下などのようないくつかの内科的、精神的リスクが高くなるという問題にさらされている。
こうした青年期に起こるリスクを回避することに、エクササイズが有効であるかもしれない。
しかし、このことに対しては、ほとんど研究の光があてられてこなかった。
今、“British Journal of Sports Medicine”が、小児癌生存者の健康とQOLに対するエクササイズの効果に注目
している。
研究期間中、数人の被験者は6か月間にわたり週に2,3回のエクササイズを実践した。
その結果、6か月後には、エアロビックフィットネス的効果において、実践しなかった群と比較して非常に大きな改善が見られた。
したがって、発表者によると、幼少期に癌を患って生存した場合、その後の回復の促進と、小児癌を患って時
間を経過したのちに現れる恐れのある悪影響のリスク軽減のためにも、エクササイズは継続的に勧めるべき
であると提案している。
※QOL(クオリティー・オブ・ライフ)

ランキング

  • 1. 【法律相談QA】年一括払い契約の途中退会について
  • 2. 【The Pulse】昼間のワークアウトは生産性を向上させ 労働をより幸福にする(2013/8/1)
  • 3. フィットネスクラブで使用する音楽の使用料 の支払いについて
  • 4. 比較用 テストページ
  • 5. 【事例紹介】消費者団体からの申し入れ・問い合わせの件(2013/8/1)

運営事務局おすすめ

  • 【事例紹介】消費者団体からの申し入れ・問い合わせの件(2013/8/1)

PR