高齢者の粗相

(Q):.施設内での脱糞行為等の対象者について
高齢者が増え、浴室などで事例がある。対象者を高い確率で特定可能。
認知症かもしれず、どのように扱うか?各社ではどのような対応をされていますか?

(A):
A社:曜日利用時間、会員目撃情報などから該当者を特定できた段階で個人面談をするなどして認知症でないか確認します。 初めは他の会員から目撃されたので確認するとして面談 します。
本人は否定しても、ご家族の確認を行うと認知症であることが判明します。 その結果、一人で施設利用ができないと判断すれば、規約通り退会勧告をし、退会していただきます。事前にご家族の了解も取り付けます。

記事を最後まで読むためには、会員ログインが必要です。

会員ログイン

※ 新規登録はFIA会員企業・団体所属の方に限ります。
※ 会員企業・団体所属の方は企業管理者様へお問合せもしくは、「新規入会登録はコチラ」をクリック。
※ ご自身の所属されている企業・団体が、FIAへ加盟しているか確認されたい方は
「正会員はコチラ」「賛助会員はコチラ」で検索いただけます。