会費引落用クレジットカード申し込みについて

クラブ運営に関する事例にFIA顧問弁護士がQ&A形式で回答します。

Q
入会時、クラブ所定のクレジットカード申込が必須の旨説明を受けたため、クレジットカードも申込みをして入会したが、後で入会契約書を読むと、「クレジットカードの申し込みを希望しない方は銀行引き落としになります」という記述があった。入会時窓口ではそのことについて説明を受けていない。窓口での説明と入会契約書に違いがあった場合、どちらが契約として法的効力がありますか?

A
1. どちらも事実として存在することを前提とすれば、契約は成立しているが、当該契約は
・民法の詐欺による取消権発生(第三者詐欺か民放96条)
・錯誤により無効(民法95条)

記事を最後まで読むためには、会員ログインが必要です。

会員ログイン

※ 新規登録はFIA会員企業・団体所属の方に限ります。
※ 会員企業・団体所属の方は企業管理者様へお問合せもしくは、「新規入会登録はコチラ」をクリック。
※ ご自身の所属されている企業・団体が、FIAへ加盟しているか確認されたい方は
「正会員はコチラ」「賛助会員はコチラ」で検索いただけます。