遺失物管理(2)

<相談内容> 忘れ物の管理か寄託保管か

クラブ内テナントで会員が忘れ物をし、取りに行くので取っておいて欲しいと依頼した。
テナントでは「営業時間が短い為クラブ側のフロントに預けた」とお客様へご案内した。(通常テナントで忘れ物はテナントで管理するよう指導しているが今回はこのように回答した。)(テナント側、クラブ側双方とも預かったスタッフがわかっていない。)3カ月以上時間が経過後来館、クラブ側フロントでは忘れ物の保管期間は3カ月までとご案内した。
会員は、忘れ物の管理期間については理解できるが、所有者が判明していて、取りに行く約束をしている物を連絡も無しに処分するのはおかしい。弁償もしくはそれにあたる形で対応してほしい、と主張。
遺失物法では保管期間の縛りは3か月となっているが、このような状況で、弁償責任が発生するでしょうか?

記事を最後まで読むためには、会員ログインが必要です。

会員ログイン

※ 新規登録はFIA会員企業・団体所属の方に限ります。
※ 会員企業・団体所属の方は企業管理者様へお問合せもしくは、「新規入会登録はコチラ」をクリック。
※ ご自身の所属されている企業・団体が、FIAへ加盟しているか確認されたい方は
「正会員はコチラ」「賛助会員はコチラ」で検索いただけます。