第224回FIA理事会議事録情報

FIA-NEWS10月号 第224回理事会議事録(2023/10/10)

FIAは9月8日(金)、第224回となる理事会を開催し、理事監事19名が出席した。

議案審議に先立ち、消費者庁事故調査室より、調査室長等、ご担当者が来場され、パーソナルト
レーナー(以下PT)による消費者事故に関する調査事業へのFIAの協力依頼について説明があり、意見交換を行なった後、これを了承した。

依頼の趣旨:
PT指導に起因する傷害について調査を行う。調査は対面調査・アンケート調査の2種とし、広く業界の全体像を表すデータとしたく、FIAだけでなく他の団体等も含んで実施したい。調査事項立案と対面調査実施について最大の業界団体であるFIAの協力を得たい。(アンケート調査は外部委託社)

意見交換概要:
調査室:質問項目は今後1-2か月で検討する。対面調査は質問項目が多くアンケート調査が先になる見込み。調査に1年、報告に1年を予定し、報告書は2年後。

FIA:他団体とはどこか? 調査室:資格発行団体等を考えている。

FIA: 団体等に加盟しない個人経営ジムで事故の多くが起きていると認識するが、これらも調査対象とすべき。

調査室:そのように考えている。

* キーワードである「健康被害」について

調査室:PTから食事制限指導を受けての障害のようなものを考えている。但し、骨折などと違い因果立証が難しい。

FIA: 糖質制限に起因する害が多いのではないか。間違った情報発信が広がっている。マスメディアが取り上げると正しいと誤信される。ガイドラインを作るなどの対策が必要ではないか。

記事を最後まで読むためには、会員ログインが必要です。

会員ログイン

※ 新規登録はFIA会員企業・団体所属の方に限ります。
※ 会員企業・団体所属の方は企業管理者様へお問合せもしくは、「新規入会登録はコチラ」をクリック。
※ ご自身の所属されている企業・団体が、FIAへ加盟しているか確認されたい方は
「正会員はコチラ」「賛助会員はコチラ」で検索いただけます。