技能士の現場実践活動紹介インタビュー

インタビュー Wライセンス 川俣さん(3級)

 

この投稿をInstagramで見る

 

FCM(@fcmbyfia)がシェアした投稿

フローチャート付きPDFデータ

Wライセンス(指導力+マネジメント力)挑戦・継続
テイップネス受託(東京体育館)(2023年2月現在)
FCM3級技能士 川俣 好 さん

テイップネスの受託施設である東京体育館で勤務しているATI・FCM3級の川俣 好(カワマタ コノミ)です。

体育大学を卒業し、大学院に進みましたが中途で、地元関西に戻りジムインストラクターとしてアルバイトから社員になりました。
運動に関する専門的な学びを活かして仕事に取組んでいましたが、現場で実現したいと考えた企画の承認を受けられず「やる気」が空回りしているように思えました。そんな時にFCM受検の機会をいただき、企画するために必要なこととして、対象顧客、顧客ニーズ、収支計算、効果測定等、学ぶことができました。その結果、やりたい企画が承認されるようになりました。また、お客様、特に法人向けの指導の際に、トレーナーとしての公的資格が有効なため、ATIに取組み取得することができました。
今後もFCM2級挑戦、ATI更新と専門力+マネジメント力のWライセンスの挑戦を続け、やりたい仕事が実現できる力を付けたいと思います。