FCM掲示板

FCMの原点を振り返えります(23年7月FIA NEWS)

運動・スポーツを快適に安心して楽しむためには、運営された施設が必要だ。一方で、運動・スポーツ施設は社会の幅広い健康ニーズに対応すべく、
多様化の様相をますます強くしている。そうした状況を鑑みて誕生したのがFCM。
その内容は民間のフィットネスクラブはもちろん、広く運動・スポーツ施設のマネジメントに役立つ技能である。今号では、FCMの原点、FCMの現在地、
FCMの目指す先、そして今年のトピックスについて紹介する。

 

FCMの原点

 

FCMは健康でイキイキした暮らしのための、中核的な産業の1つであるフィットネスクラブ産業の人財資本力を強化する仕組み。まず、FCM誕生に至る経緯をあらためて振り返ってみましょう。国家資格化までの取り組み指導系の資格は公的・民間に数えきれないくらいありますが、それを統括する技能資格が必要との国の方針により誕生しました。

ホップ
2006年「包括的職業能力評価制度」
2011年「職業能力評価基準見直し実施」
2014年「職業能力評価シート展開」
ステップ
2014年5月から2015年3月まで
「業界検定スタートアップ支援事業」に取り組み(補助金事業)
2015年6月30日
対人サービスにおける技能検定の充実を閣議決定。

ジャンプ
2017年10月24日
法改正により技能検定(国家資格)にフィットネスクラブ・マネジメント職種を法令化。
同時に、FIAは厚生労働大臣より指定試験機関に指名された。
本資格の特徴
1 . FCMには、1級・2級・3級とあり、すべての級が国家資格(名称独占)。
*国家資格には業務独占の資格と、名称独占の資格の2種類があり、技能士は名称独占の国家資格です。無資格で技能士を名乗ると法令により罰せられます。代表的例:中小企業診断士、行政書士、保育士、介護福祉士などです。
2. 資格内容そのものが実務と直結している。
*会社の人事教育制度に取り入れる企業が増加しています。
3. 資格更新手続きや更新料は不要。
*資格取得はスタートライン、その学び得た成功体験が技能向上の継続に繋がります。

マネジメント技能とは
マネジメント=管理と考えてしまうと、その本質を見失ってしまいます。そもそもマネジメントの語源manege は乗馬術、つまり馬の手綱をうまくさばくという意味。すなわち、マネジメントとは=最適化であり、ゴールするために複眼的な視点・組織で対処することなのです。マネジメントを構成する要素(複眼的な視点)は、以下の5項目です。
①市場・顧客の理解
②提供サービスの知識・技術(品質管理、価値創造等)
③顧客に届ける知識・技術(マーケティング、コミュニケーション等)
④協働する知識・理解(役割分担、コミュニケーション、学習する組織等)
⑤社会的責任(合法、財務基盤、リスクマネジメント等)

FCMが目指す先

「マネジメントの知識+スキル」に関する業界スタンダードを目指す

現場に必要なマネジメント知識をレベル別に体系化

1級学科 2級学科 3級学科
1 健康づくり 1 健康づくり 1 健康づくり
2 運動トレーニング 2 運動トレーニングの基礎 2 運動トレーニングの基礎
3 フィットネス産業概論 3 フィットネス産業概論 3 フィットネス産業概論
4ー1 戦略・組織 4ー1 品質管理 4-1 店舗事務
4-2 営業戦略 4-2 マーケティング 4-2 イベント・企画運営
4-3 品質管理 4-3 売上収益管理 4-3 サービス説明・見学者応対
4-4 マーケティング 4-4 施設設備管理 5 フロント実務
4-5 売上損益管理 4-5 人事・労務管理 6 施設設備の安全確保
4-6 人的資源 4-6 リスク管理 7 顧客応対
4-7 ICT/情報システム 5 顧客管理 8チームワークとコミュニケーション
4-8リスクマネジメント 6 関連法規 9 安全衛生
4-9 施設設備管理 7 安全衛生
5 顧客マネジメント
6 関連法規

 

現場に必要なマネジメントスキルをレベル別に整理(下表はその一部)

必要な技能
3級技能士
※接客の最前線スタッフ契約社員、 新入社員
カスタマーサービスを提供する際、組織の方針と手順、法的および倫理的な要件を遵守する
・見学者への説明の際、自分にもわからない点があった場合には、速やかに関係者に聞くなどして、理解するようにしている。
・正しい電話対応ができ、気持ちのよいコミュニケーションがとれ、各所に適切に引き継ぎが行われている。
2級技能士
※タスク実行責任者部門長、リーダー
・さまざまな種類の顧客とそのニーズを理解するために顧客データを理解する。
・合意された基準に照らして、顧客サービスの質を評価する。
・マシン・設備・機器類の老朽化に備え、計画的改善を年間業務スケジュールに落とし込んでいる。
・教育計画に従い、対象者に必要なスキル・知識に関する教育的訓練を実施している。
1級技能士
※タスク決定者、 マネージャー、店長
・計画が組織の戦略・目的・価値観・方針・手順と一致していることを確認するための行動をとる。
・費用対効果分析の実施方法を説明する。
・施設全体を点検し、安全管理上の問題点や改善すべき点を素早く察知し、先手を打って対策を講ずることで、問題の発生を未然に防いでいる。

 

PDFデータ